Open navigation menu

Session Border Controllers (SBCs)

Mediant VE/SE
Open 最大75,000人のユーザー tooltip

最大75,000人のユーザー

Open 主要なハイパーバイザーに対応 tooltip

主要なハイパーバイザーに対応

Open 最適化されたネットワークパスによる高いパケットスループット tooltip

最適化されたネットワークパスによる高いパケットスループット

Mediant VE/SE

企業およびサービスプロバイダー向けのスケーラブルな仮想化ソリューションです。 Amazon Web Services(AWS)とMicrosoft Azureで、簡単なダイレクトルーティングの実装に利用できるようになりました。

  • 主要なNFVプラットフォームおよびuCPE上でVNFとして動作
  • 主要なUCプロバイダーの条件を満たす
  • 包括的なSIP相互接続性
  • 主要なハイパーバイザーおよびオーケストレーターとの互換性

概要

AudioCodes Mediant Virtual Edition(VE)セッションボーダーコントローラー(SBC)は、インフラストラクチャを仮想化し、コモディティサーバー上でデータセンターを調和させたい企業やサービスプロバイダーの需要を満たすよう設計されています。

Virtual Edition SBCはSIPの相互接続性、メディア処理(トランスコーディングを含む)、セキュリティをサポートする拡張性の高いソリューションです。プライベートクラウドやパブリッククラウドを介して、ホステッドビジネスサービス、ユニファイドコミュニケーション、コンタクトセンターなどの音声サービスを提供する企業やサービスプロバイダ向けにSBCの全機能を提供します。

Mediant VE SBCは主要なNFVプラットフォーム、uCPEデバイス、ネイティブサーバーにVNFとして展開でき、主要なオーケストレーションソリューションと互換性があります。

Virtual Edition SBCはシンプルなダイレクトルーティングの実装用に現在 Amazon Web Services(AWS) および Microsoft Azure で利用可能です。

AudioCodes Mediant Server Edition(SE)SBCは、大規模環境を対象としたAudioCodes認定の商用オフザシェルフ(COTS)サーバーで起動します。

メリット

  • 包括的な相互接続性、セキュリティ、および強化された音声品質を提供
  • AWS、VMware、Azure、KVM / OpenStackなど、任意のプライベートクラウドまたはパブリッククラウドで使用可能
  • サードパーティのNFVオーケストレーションソリューションとの実証済みの相互接続性
  • セキュリティ攻撃下での高いパフォーマンスとスケーラビリティについてMiercomによって認定
  • クラウドライセンスを使用して、新しいインスタンスと容量を簡単にデプロイ可能

機能

  • AudioCodesのフィールドで実証済みのハードウェアベースのSBCと同じコードベース
  • VMware、Hyper-V、KVMなどのハイパーバイザーとの互換性
  • 専用のCOTSサーバーおよび仮想化環境で動作
  • 最適化されたネットワークパスによる高いパケットスループットを実現
  • 高度な音声品質の監視とレポート
  • ソフトウェアベースのメディアトランスコーディングとSIPRECメディアレコーディング
  • Microsoft Skype forBusinessおよびBroadSoftBroadWorks環境に適合
  • 組み込みのWebRTCサポート
  • 高可用性アクティブ/スタンバイ構成

Mediant VE/SEの仕様比較

モデル 最大シグナリングセッション数 最大メディアセッション数 最大SRTP-RTPセッション数 最大トランスコーディング数 最大登録ユーザー数

Mediant VE

24,000 24,000 10,000 12,000 (MTC) 75,000

Mediant SE

70,000 70,000 40,000 30,000 (MTC) 500,000
Banner Image

販売拠点

Search
お問い合わせ